上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供の風邪も治り、今日から作業再開です。気温の変化が激しいからか、風邪をひいたり治ったりの繰り返しです。
というわけで新作パンツがだいぶ遅れてしまいましたが、なかなかいい出来になってますよ。近々UP予定。お楽しみに!
kateiryouri.jpg

最近は、この本を読んでいます。「子どもと食べる自然でおいしい家庭料理」(菜のはな亭編集部/童話館出版)
冷蔵庫の中にある身近な食材で作れるような背伸びしない自然で素朴な感じの、季節の献立などの作り方が載っています。おもしろいのは、ただの料理本ではなく、この本の三分の一は現代の食生活や農業の危険性(食品添加物、砂糖の摂りすぎ、肉料理中心の食生活の危険性、農薬を多様しなければならない農家の現状、日本の食料自給率の低下によって起こりうる様々な問題)やほんとうに人間の体に合っている食べ物はどんなものなのか、100パーセントは無理でもどんなことに気をつければ少しでも理想の食生活に近付けるのか、そういうことも書いてあります。
少し難しく感じるかも知れませんが、この本が一番伝えたいことは、人間は自然の一部で、ほかの生き物の生命をもらって生かされている、その全ての生命への感謝の気持ちや、自分の分に合わない無理や不自然なことをすると、結局自分の身にかえってくる(これは食生活だけじゃなくて生き方にもいえることだと思います)、ということだと思います。
純粋な、本来の家庭料理の大切さだけでなく、生き方をも考えさせられる、そんな本です。
忙しいけどどこかにひと手間かけてみる、家族と一緒に食べる、そういうのがほんとうは大切なんじゃないかなぁって。自分ひとりの時は思わなかったけど、子どもができるとなんかそう思うようになってきた。なかなか難しいけどね。。でもそういう生き方が目標。
なんだかどこか古臭いけど、ぎゅっと抱きしめたくなる本です。
スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://soag.blog64.fc2.com/tb.php/5-265262fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。